ロリポップ、サーバー「事前移設」

サーバーパワー一新のニュース


ロリポップのwebサーバーはレスポンスがときどき遅いことがある。これで随分とXサーバーに引越す客も多かったようだ。それが理由か不明だが、2015年の9月ころ、サーバー環境の一新を図り、2016年からすべてのユーザーを新サーバーへと移動させるプランが発表された。

「ロリポップ!では2016年より順次、より快適なサーバー環境を提供するため、新サーバーへの移設メンテナンスを行う予定です。 それに先立ち、ご希望のお客様へ新サーバーへの事前移設をご案内いたします」


移設はwebサーバのみ


メールサーバやデータベースはそのままらしい。

「事前移設ではWEBサーバーが移設対象となり、メールサーバー、データベースサーバーに変更はありません」

※サーバー番号が下記はすでに新サーバー

「users310〜399」
「users4xx」
「users5xx」
「users6xx」


Apacheの2.2系が2.4系に


2.2から2.4系のApacheに変更してどんな影響があるのか、不安だったが、とりあず自社には影響が感じられない。

「移設前に users0xx,users1xx をご利用の場合、
Apacheのバージョンが 2.2 から 2.4 へ変更されます。
Apache 2.4 に対応していない記述によりサイトに影響が出る可能性があります」


賢いやり方


おもしろいことは希望者は2015年以内に「事前移設」が可能なこと。来年になれば全ユーザーが強制引越ながら、希望者は先行して引っ越せる?・・・とっても賢いやり方に感じられた。何に対して?

(1) スピードにうるさいクライアントの選別
(2) 引越を検討しているユーザーの引き留め

に効果があるだろう。


パワーユーザーの選別


とくに(1)のクライアント選別は、非常におもしろい。そういう意図なのか、100%憶測でしかないが、おそらく最大の目的はパワーユーザーの選別と推測される。

このアナウンスをもらったとき、どうせ来年になれば自動的に移行してくれるのだから、と自分から進んで移設しようとは思わなかったが、最近、事前移設期限12月16日の再アナウンス・メールが来て、ここは自分の意思でやっておいた方が、速いサーバーに移してくれる可能性が高いのでは考え直した。

エンタープライズ版への移行を考えていたが、不要かもしれない。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2015-12-13 10:48:30)
<< bitcoin売買の本人確認が酷い< | >2016年Webデザイン、ミニマリズムは続く >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]