McDonald's27, money-gathering machine
★マクドナルドを世界最大のレストランに発展させたレイ・クロック(Ray Kroc)の著書『GRINDING IT OUT』(紡ぎ出す)から抜粋。現代資本主義型ブランドのケーススタディ。(20203040)

起業家にとってIPOを行うことの意味(2013/07/19)

The reason for going public, in addition to raising capital for the company was to give us some funds ourselves. We had put this tremendous money-gathering machine in motion, and it was running at a fantastic rate.


IPO(株式公開)の本音


さらりと書かれているが、ベンチャー企業がIPO(株式公開)を目指す本音だろうか。IPOの目的は会社のための資金調達とばかり思われがちだが、実際にやったことがない人が考えがちなことかもしれない。


投資者にとってIPO(株式公開)は目標点だが・・・


ベンチャーキャピタルや投資機関にとってIPOは完全な到達点・目標であり、その時点で活動は概ねクローズする。EXITだ。しかし、起業家本人にとっては一つの通過点でしかない。IPOが不要な起業家も少なくない。

なぜなら、株式公開には会計に関する大量で厳格なペーパーワークが求められるし、本業以外の無関係な部分で規制も制限も増える。株主が増えれば企業の活動方針に関して、横槍を入れてくる連中も増える。最悪、合法的に乗っ取られるリスクさえ発生する。

このようなリスクや面倒があってもなおIPOを目指す人々の本音は、感覚として今まで理解していなかったので、この発言は私には新鮮だった。

IPOが会社の資金調達と、創業者の利益確保の二つの意味があって、どちらの比率が高いかは、創業者ごとに異なるだろうが、仮にIPOを完全に会社の資金調達を第一目標としている起業家にしてみてもIPOで舞い込む利益はマジックだろう。

IPOが成功すれば、創業者は巨額の利益を確保でき、お金の心配から解放され、自分自身、投資家階級に上がることができる。今ではかなり古い考え方だが、仮に社会が「資本家」と「労働者」という階層からできているとしたら、資本家の階層に入れたことを意味する。

IPOのこういう意味は、ベンチャー起業家にとって当たり前のことだろうが、レイ・クロックがここで改めてわざわざこの解説を記述する意味は、彼自身もこの段階まで理解していなかったと推測される。


現代資本主義の集金マシン


レイは現代資本主義の「money-gathering machine」(集金マシン)を目撃した。このマジックを教えてくれたのは、おそらく創業時からの同僚ハリー・ソンボーン。

しかし、わずかこの数年後、自らmoney-gathering machineを導入したハリーは、レイとの対立から、その恩恵を充分に受けることなく会社を去ることになる。人生の皮肉さも目撃することができる。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2013-07-19 07:57:17)
<< McDonald's28, a ritual to be followed religiously< | >McDonald's26, blindfolds had been removed >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]