McDonald's17, a stroke of financing genius
★マクドナルドを世界最大のレストランに発展させたレイ・クロック(Ray Kroc)の著書『GRINDING IT OUT』(紡ぎ出す)から抜粋。現代資本主義型ブランドのケーススタディ。(20203040)

Franchise Realty was a supreme example of a guy putting his money where his mouth is.

Harry parlayed that cash investment into something like $170 million worth of real estate. His idea, simply put, was that we would induce a property owner to lease us his land on a subordinated basis.

このパートからマクドナルドの真の成功要因が語られる。マクドナルドが資本主義構造のマジックを駆使しなければ、おそらくマクドナルドは地方の「凄いハンバーガーショップ」で終わっていただろう。

思うに、現在、ブランドには2種類が存在する。昔ながらの高品質・少量生産で、少数の人しか入手できない「伝統的ブランド」とマクドナルドやコカコーラのように低価格と安定品質でデファクト的プレゼンスで全世界を席巻する「資本主義型ブランド」。マックは資本主義型ブランドの先駆者事例の一つである。

マックは創業間もない頃、Franchise Realty(「Reality」ではない)社を設立。不動産業に乗り出す。不動産のための不動産ではなく、マクドナルドの自店舗やフランチャイズのための土地確保が目的だったが、同時にマジックが隠されている。本文の正確な意味はよくわからないが、下記のように理解している:

・様々な地主に土地の使用権をリースしてもらい →
・それを抵当に銀行から融資を受け →
・店舗を建設し →
・地主には店舗を抵当として差し出す

というサイクルのようだ。

つまり、他人のお金でビジネスを回していることになる。こういうバーチャルビジネスを起動し維持できるためには、実体のあるビジネスが存在し成功している事実が大きい。

これは半世紀前の話であり、現在ではもっと複雑な金融の仕組みができあがっていると思われるが、いずれも実体のあるビジネスの存在がなければ、始めることはできても維持はできない。

逆に言えば、実体があるビジネスを所有していれば、バーチャルな手法がいろいろあるとうこと。マックが「凄いハンバーガー屋さん」で終わらなかった理由は、このへんだろう。レイは、全文を通してハンバーガーの味やハンバーガーへの愛着などは語っていない。ハンバーガーにはそれほど関心がなかったと思われる。

レイは、マックを始めるにあたって当初はフランチャイズを展開する腹でいたが、フランチャイズも展開しつつ、すぐに直営店方式を重視するようになる。もっともなこと。クオリティを維持するためにはフランチャイズではムリだろう。しかし、直営店はクオリティの問題で始めたと言うよりフランチャイズ獲得のための旗艦としての役割を考えていたようだ。

if we were franchising only a name

では実体がなさ過ぎるから。

では、直営店だけでやればいいのにとも思うが、彼は多くの人々を巻き込んで、資本主義型ブランドの頂点を目指した。成長が遅い馬力がない直営店方式だけでは、彼の闘争心を満たせなかったと理解している。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2013-06-25 06:13:37)
<< McDonald's18, find work more suited to his talents< | >McDonald's16, disrupt your cosutomers >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]