McDonald's05, marching up to the windows
★マクドナルドを世界最大のレストランに発展させたレイ・クロック(Ray Kroc)の著書『GRINDING IT OUT』(紡ぎ出す)から抜粋。現代資本主義型ブランドのケーススタディ。(20203040)


天命を受ける瞬間


11時の開店と同時に車が集まりだし、店の前には、絶え間ない行列が、押すな引くなの光景が驚きとともに描かれています。

Then the cars began to arrive, and the lines started to form. Soon the parking lot was full and people were marching up to the windows and back to their cars with bags full of hamburgers. Eight Multimixers churning away at one time began to seem a lot less farfetched in the light of this steady procession of customers lockstepping up to the windows.


お店の調査


田舎で小さな繁盛店を見つけたときの驚き。レイは、ごく自然に調査をはじめます。自分で列に並び、

"Say, what's the attraction here?" I asked a swarthy man who was just in front of me.
"Never eaten here before?" he asked.
"Nope."
"Well, you'll see." he promised. "You'll get the best hamburger you ever ate for fifteen cents."


ハンバーガーではなく、システムに圧倒される


この後、列を離れ、店の裏に回ってまた数人に声をかけて回ります。このとき彼はハンバーガーを食べなかったようです。

I don't remember whether I ate a hamburger for lunch that day or not.

彼にとってハンバーガーの味はどうでもよいことがわかります。ハンバーガーは彼のプロジェクトの媒体の一つ。目標ではありません。

彼が感動した点は、繁盛店の味やその繁盛ぶりではなく、それを支える「システム」だったことが次第に明かされます。

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2013-03-06 17:10:04)
<< McDonald's06, amazing merchandising operation< | >McDonald's04, made it all the more amazing >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]