SEO対策のおわり#7
<過去10年間のSEOが終焉>


その場限り・小手先SEO対策の終焉


「相互リンク」が検索エンジンに見破られるようになると、今後はカネで販売されるリンクが流通した。

しかもリンク元サイトの運用年数やIPアドレスのクラス制限なども加味したリンクがSEO業界では商品化された。オールドドメインが商品化された時期だ。しかし、これも数年だった。

当社は相互リンク対策やSEO業者の販売リンクを購入したことはないが、自社でテーマごとにドメイン名を複数制作しIPを分散するなどの対策を行ったことがある。

これは単一ドメイン内で、すべての広範囲な情報を掲載したサイトより、比較的小さなテーマで専門的に扱うサイトにすることが目的だった。

当然、一番のモチベーションはやはりSEO対策としての効果。

しかし、テーマを分けて、それぞれのテーマで充実したコンテンツを制作し運営していくことは予想外の負担であり、分散されたサイトは結果的に無用な投資(主に時間と労力)で終わった。


無駄に消耗しただけのSEO対策


「バックリンクだ、IP分散だ」という過去10年間のかけ声は、何だっただろう。

そういうその場限りSEOや小手先SEOが、いよいよ終焉を迎えつつある現在、無駄にあがいた過去数年間が、不確実でその場限りの対策に振り回されただけの作業だったと反省している。

現在でも、もちろん、SEOは重要であるが、本質的な部分で意識調整をすべきタイミングにきているように思う。

Googleは着実に怪しいリンク、怪しいサイトを見抜くスマートなプログラムへ洗練度を上げている。今さら小手先対策をやるくらいなら、Google+での活動を強化するほうが有意義なSEO対策かと感じる。

この記事は#7
#9 巨人たちのパワーゲームに振り回されないために
#8 視聴率=テレビと同じになったインターネット
#7 過去10年間のSEOが終焉
#6 意識改革をする人としない人
#5 パーソナル検索時代の幕開け
#4 サーチプラス、Google社の方針が明確に
#3 一人勝ちを目指すGoogle
#2 機械型スコアリング・システムから人気投票に軸足を移すGoogle
#1 過去10年間のSEO風景

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-02-02 05:29:34)
<< SEO対策のおわり#8< | >SEO対策のおわり#6 >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]