SEO対策のおわり#1
2012/01/21 小平探検隊

<過去10年間のSEO風景>


雨後のタケノコだった10年前のSEO業界


インターネットでビジネスを行うには、検索エンジンの上位表示がポイントとなる。何のキーワードで上位になるかという問題はECサイト運営者には大きなテーマだった。

SEOとは、検索結果で上位表示させるためのテクニック。ノウハウがあるためそれを専門とするコンサル会社が雨後のタケノコのように生まれ、SEO業界というちょっとしたマーケットセグメントができあがった。

大手のSEO対策コンサル会社といえば、アウンコンサルティング・アユダンテ・アイレップ・フルスピードさんあたりだろうか。しかし、その気になれば、パソコン一つでできるビジネスだけに参入障害は低く、現在では無数のSEO対策会社で溢れる感じだ。


意外と小さなSEO市場


さぞ大きな市場に成長したのではと検索してみるとアウンコンサルティング社の発表があった。それによれば日本のSEO市場は200億円程度とのこと。

「アウンコンサルティングは、2011年のSEO市場規模は220億円規模となり、2014年には290億円規模へと成長すると予測している」
(http://markezine.jp/article/detail/13247  MarkeZineニュース 2011/01/2)

ベンチャーキャピタルや潜在顧客へのプレゼン的な意味合いも含まれるだろうから、それなりに水増し寄りの統計になっていてもおかしくない。それでも予想外の低い数字だ。やはり、Googleは周辺産業の育成より「中抜き」「全部取り」の方針が徹底している。


淘汰が始まったSEO業界


当社にも数年前までは、SEO対策会社さん、中小も「小」の部類のSEO会社さんからの営業電話が鳴り響き辟易していたが、いつの頃からか電話も下火となった。

もう一つの変化は、最近、かなり大きな大手SEO会社さんから電話がきたこと。当社のような中小企業に電話しなければならない状況か、と早合点するのは危険だが、ありうる話だ。

(1)市場が飽和しSEO業者の淘汰が始まっている
(2)SEO自体の価値が減少している

私の印象としては「SEO自体の価値が減少している」がSEO業界衰退の最も大きな要因で、その結果として弱小SEO業者の淘汰が進んでいるのではないかと感じている。

強いSEOコンサル企業だけが残るだろう。むしろ、SEOコンサル会社は、うれしいかもしれない。

この記事は#1
#9 巨人たちのパワーゲームに振り回されないために
#8 視聴率=テレビと同じになったインターネット
#7 過去10年間のSEOが終焉
#6 意識改革をする人としない人
#5 パーソナル検索時代の幕開け
#4 サーチプラス、Google社の方針が明確に
#3 一人勝ちを目指すGoogle
#2 機械型スコアリング・システムから人気投票に軸足を移すGoogle
#1 過去10年間のSEO風景

(keyword): ブランド, ブランディング, ブランド-ブランディング, 起業, 自営業, 経営, スモールカンパニー, スモールビジネス, マーケティング, PR, プロモーション, 中小企業

  • (2012-01-22 11:18:06)
<< SEO対策のおわり#2< | >ブランド離陸、主婦の活用がカギ? >>
search
layout
category
book(2), 震災(1),
links
admin

[▲page top]