薬局で抗生物質を買う

前回、薬局には抗生物質は置いていないと言われたが、今回、打ち合わせで外出した際、そこの駅前の薬局で再度聞いてみたら「抗生物質は、飲み薬は置いていませんが、塗り薬なら1個だけあります」とドルマイシン軟膏を見せてくれた。

中耳炎対策になるのか、外耳炎対策なら役立ちそうなので購入。

この薬の説明が製薬メーカーさんにあったので引用させてもらう:


--------------(引用)--------------
コリスチンは、Bacillus polymyxa var. colistinusの培養液から抽出精製された白色結晶性の粉末です。その抗菌作用はグラム陰性菌に対し選択的に作用し、殺菌作用を発揮します。また、緑膿菌に対しても効果を発揮します。

バシトラシンは、菌種Bacillus subtilis var. Tracyの培養液より抽出された白色~淡褐色の粉末で、ペニシリンと近似の抗菌スペクトルを有し、大部分のグラム陽性菌と陰性菌の一部に奏効します。

ドルマイシン軟膏はこれら殺菌作用をもつ両抗生物質を配合し、グラム陽性・陰性菌による単独又は混合感染症はもちろん、一般外部疾患の感染予防並びに治療に効果を発揮する皮膚疾患治療剤です。

外傷・火傷等の化膿予防及び治療、膿痂疹(とびひ)、せつ、癰(よう)、疔(ちょう)、毛のう炎、湿疹、グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮膚疾患、化膿症、伝染性皮膚炎、皮膚潰瘍


【成分・分量】
1g中
・コリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン)・50000単位
・バシトラシン・・・・・・・・・・・・・250単位
・添加物:白色ワセリン、流動パラフィン
--------------(引用ここまで)--------------



「単位」という単位


成分の「単位」という単位が、わからない。抗生物質には「単位」という単位が使われるのだろうか。これが何を意味するか調べたが、よくわからない。wikipediaのペニシリンのページに

「ペニシリン1単位は0.27μg」

とあるが、これと関係するのだろうか?
なんかスペシャルな計算方法があるようだが、今日はおしまい。
  • (2013-07-30 05:08:45)







Back to the Future