デトックスとして、お風呂は魅力的なホームアンチエイジング

今日は私が通う銭湯について。

欧米人の中には、お湯を共有する銭湯を「不潔」と嫌う人もいますが、彼らはスイミングプールで水を共有しています。しかもプールは水温が低いのでエイズウイルスも殺せません。私がときおり通う銭湯は清潔感があり、水風呂や薬草湯があって地元の人に人気です。

夕方、早めに行くと必ず先に来ているおじさんたちがいます。常連さんたちです。

聞くともなし聞こえてくる会話は健康関連が多い。

「痛風が」どうのという話で盛り上がっていたりします。

彼らの入浴時間は最低1時間。「きょうは5時から入っているよ」なんて聞こえてくるところから逆算すると2時間の人もいる模様です。

健康オタクとは彼らのことです。

この銭湯ではロビーで常連さんたちがビール片手に番台のおじさんと世間話で盛り上がるのも普通の光景です。地域のコミュニティセンターとして機能しています。


ちなみに、お風呂はホームアンチエイジング的には魅力的な習慣です。血液は約1分で体内を循環しますので、10分つかれば10往復。20分つかれば20往復。その間、血行が改善され、乳酸(疲労物質)が分解され、汗として過剰なナトリウムや尿酸(痛風の原因)などが排出されます。さらに鉛・ヒ素・水銀などの重金属の排出(デトックス=毒だし)として体内浄化に役立ちます。反面、毒とともに有用なミネラルや金属(亜鉛、マンガン、鉄)なども汗とともに失われますので念のため。

汗が出ると血中水分が失われ血液の粘度が上がります。人によっては危険な状態になる場合がありますので、安全のため適切な水分補給にご注意ください。




  • (2007-05-16 06:06:28)







Back to the Future